骨盤枕の位置を変える

骨盤枕ダイエットの説明

骨盤枕ダイエットは、骨盤の下に枕を置くことでダイエット効果を図るものです。骨盤の矯正は体全体のシェイプアップに非常に有効であるため、骨盤の下に枕を置くのは骨盤枕ダイエットの基本ですが、枕の位置を変えることで部分痩せにも効果を発揮するのが骨盤枕ダイエットの大きな魅力です。

たとえば、ふくらはぎを細くしたい場合にはふくらはぎの裏側に、またヒップアップを目指したいならお尻の下に骨盤枕を置くことで、ダイエット効果が期待できます。つまり、痩せたい部分の下に骨盤枕を置くことで、部分的なシェイプアップが可能になるわけです。


ここで1つ、ふくらはぎのシェイプアップを目指す場合の使い方をご紹介しましょう。まず、ふくらはぎの中でも最も太い個所の下に骨盤枕をセットし、寝そべります。この状態で、つま先とかかとを交互に伸ばす動作を繰り返すことで、ふくらはぎのシェイプアップ効果を得ることができます。

セットする位置を変えるだけで様々な個所のシェイプアップを望める骨盤枕ダイエットですが、時には痛みを感じる個所があるかもしれません。そういった場合には、無理をせず骨盤枕のサイズをひとまわり小さいものにするか、ストレッチの時間を短くするなどして負担を減らすように心がけましょう。


骨盤枕ダイエットでは、無理をすると却って体を痛めることにもなりかねませんから、いかなる場合でも無理は禁物です。また部分痩せがうまく進まない場合には、骨盤の下に枕を入れる基本の体勢でダイエット効果を目指すといいでしょう。