骨盤枕ダイエットの行い方

骨盤枕ダイエットの説明

骨盤枕ダイエットは、骨盤枕と呼ばれる枕の上に横になるダイエット法です。
1日に数分~15分程度横になるだけでダイエット効果が得られるわけですから、他のダイエット法に挫折した経験のある人でも、十分に成功の可能性があるダイエット法と言えるでしょう。

骨盤枕ダイエットでは、骨盤枕の上に横になって骨盤を矯正するためのストレッチを行います。ストレッチは1回5分程度で、これを1日に2~3回行うことで矯正効果を図ると言うものです。運動が苦手な人でも簡単にでき、またいつでも手軽に行うことができますから、思い立ったその日から実践してみてください。

骨盤枕ダイエットでは、まず正しい姿勢で横になることが大切です。
枕は横になってから差し込むのではなく、枕をセットしてから横になるのがお勧めです。枕をセットする際は、足を伸ばした状態で床に座り、お尻の後ろに骨盤枕を置いてからゆっくり横になりましょう。

横になった状態で、おへその裏側に骨盤枕が来ていたら、それが正しい位置です。
その状態で両手を頭上にまっすぐ伸ばし、頭の上で両手の平を床につけます。正しい状態であれば、小指同士が触れる状態にあるはずです。


また足はハの字になるようにして、つま先同士をくっつけます。この状態を5分間キープするわけですが、慣れるまでは痛みを感じる場合があります。このストレッチは骨盤を矯正するためのストレッチですから、骨盤の歪みが大きい人ほど痛みを感じるようです。痛みがある場合は、無理に行うと腰痛の原因になる可能性もありますから、慣れるまでは時間を短縮して行うといいでしょう。